2006年10月23日

所有欲の奴隷III 増殖編

このタイトルを見て、「まだ続くのか」と思っている人がきっといるね?そう、まだあるのです。あと、どういう訳かこのタイトルにするとコレクター仲間のクロムさんがコレクターの苦悩を綴ったコメントを書き込んでくれるので(笑)、面白がって続けている節もあり。

9月24日のオリジナル「所有欲の奴隷」記事での僕の宣言:

これから当分、DVDもボックスセットも買いません。来週アメリカに、来月日本に出張が入ってるんだけど(ということはレコ屋巡りもするんだけど)、DVDのコーナーには足を踏み入れないようにしよう。大きな箱は見てみぬ振りをしよう。


それに対する皆様のご意見:

>守れない宣言はダメです(LoonyLunaさん)

>ムリムリ。多分yas兄やんにはムリ。ゼッタイ見てしまうに100かっぱ!(青グリンさん)

>鉄の意思で素通りしてください。(かえでさん)



予定通りアメリカ出張と日本出張を終え、今朝オークランドに戻ってきたので、約束どおり結果報告。

○アメリカでの収穫:CD9枚
○日本での収穫:CD15枚とシングルレコード1枚



ふふふ、言ったでしょう。僕は言ったことを守ることだってあるんです。DVDにもボックスセットにも、見向きもしませんでしたよ。グリンさん、100かっぱ頂きますね。

僕と入れ違いに(数年ぶりに)アメリカから日本に出張に来ていたCDオタク仲間のK君は、その数日間の日本滞在期間中に98枚のCD類を買って帰ったとのことなので、それに比べると僕の16枚なんて買ったうちに入らないよね。いやあ、僕も大人になったなあ(笑)。


ただ、今回の収穫をリストにしてみると、どうもあるひとつの傾向が見えてしまって。今日はそのことについて書いてみることにした。

The Gardenまず、9月26日の記事に書いた、ゼロ7のニューアルバム。ボーナストラック入りデジパックの日本盤に買い換えた。三方見開きデジパックなので、綺麗な内側のコラージュもより豪華。僕が元々持ってたオーストラリア盤は、今頃日本のどこかで誰かに聴かれているだろう。さっき早速聴いてみたら、3曲のボーナストラックはまあまあといったところかな。ホセのヴォーカル曲はないし。


Yellow Country Teeth続いて、7月30日の記事に書いた、クラップ・ユア・ハンズ・セイ・ヤーの、NZ盤に入っているミネアポリスのライヴ5曲(日本盤のアルバムに入っている5曲とは別物)が、日本オリジナル編集のEPに収録されたので、同じアルバムを3枚買うよりはいいかと、このEPを買った。EPのタイトル曲はもう持ってるんだけどね。ジャケのダーシャ・シシュキンさんのイラストもそこそこそそるし。


Girlfriend更に、これは記事にはしてないけど、レガシーエディションが出たから買い直そうと思っていたマシュー・スウィートの「Girlfriend」。出たばかりなのに中古で見つけたので、定価よりは500円ほど安く買えた。今持ってるオリジナルはどうしようかな。売ろうかな。これは人気盤なのでそこそこの値段で売れると思うんだけど。



化石ジャケまだある。この写真でわかるかな?これはXTCの「Fossil Fuel」という96年発売のベスト盤。「化石燃料」というタイトルに引っ掛けて、この限定盤はケースがアンモナイトの化石状になっている。触ると凸凹。XTCのCDなんてもう全部持ってるんで、当然このCDに入ってる曲も全部家にあるんだけど、やっぱりこういうのは手元に置いときたくなるよね。ちなみに、中のCDのデザインもやっぱりアンモナイト。

化石CD

話は変わるけど、自分のベストアルバムにこういう自虐的なタイトルをつけるアーティストって好き。スピッツの「リサイクル」とか。


Return前から青グリンさんに記事を書く約束をしていた、ドゥルティ・コラムのファーストアルバム「The Return Of The Durutti Column」のCDを中古で見つけた。その中古屋には、この同じCDが同じ値段で2枚出ていたのだが、どうも微妙に作りが違う。内ジャケの緑色は明らかに違う色だし、背表紙のタイトルは一方が上から下へ、もう一方は下から上へと書いてある。でもそれ以外はCD番号も曲目も皆同じ。発売年も発売国も同じ。うーん、迷う。どっちかが初期プレスでどっちかが現行プレスのはずなんだけど、どっちだ?10分ほど迷った挙句、カウンターに持って行って中身をチェックさせてもらう。一方のCDはなんだか手作りといってもいいような塗装。よし、決めた。こっちを買う。

Return (Orig)ちなみにこのアルバム、僕はオリジナルのUK盤LPを持っているんだけど、本当のオリジナルである、ジャケットにサンドペーパーが被っている限定盤をずっと探しているんだ。今日は中身の音楽については触れないけど、こんなちょっと聴いただけだとまるでイージーリスニングのように耳障りのいい音楽を包むジャケットが、レコード棚で周りに置かれた他のレコードを全てボロボロにしてしまうようになっているっていうのが過激。僕はそのサンドペーパージャケを写真ですらも見たことないんだけど、上のCDのジャケに写ってる黄色いのがきっとそうだね。


三姉妹最後に、スクリティ・ポリティのニューアルバム。この写真を見ればわかるように、何故かうちにはこれが3枚もある(別に間違えて買ったわけじゃないよ)。そのうち1枚は今回買ったボーナストラック&DVD付の日本盤。最初に買ったUK盤は日本盤を買った時点で売ろうと思ってたけど、こうして3枚並べてみるとなかなかに壮観なので、なんだか売りたくなくなってきたな。

こんな感じで、今回買ったCDの半数近くが、既に自分で持ってるものの買い替え・買い増し。そういえば昨日の記事のシングル盤も買い増しだな。同じものがどんどん増えていく。これも何かの呪いなのか。

posted by . at 11:40| Comment(9) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする