2006年10月14日

Glenn Tilbrook Live In Tokyo (Part 2)

Glenn.jpg

さて二日目。今日は昨日にも増して思い出に残る夜になった。今日はちゃんと開場前に着いたのだが、僕のチケットの整理番号は41番。これだと今日はいい席は無理かなと思っていたら、なんと正面一番前の席がまたしても空いていた。昨日はマイクスタンドやや右で、今日はやや左って感じ。ちなみに昨日と今日の写真は僕が撮ったものではなくて去年の来日時の写真をオフィシャルサイトから拾ったものなんだけど、今日の僕の位置からだとこの上の写真と同じ角度で見えた。今日の位置だとピアノを弾いてるときにもちゃんと顔が見えるし。場内で一番いい席と言っても過言ではないようなところ。なんで空いてたんだろう。

下に曲目表を載せるけど、今日はアンコールを含めて昨日より2曲多い全32曲。そのうち14曲が昨日とダブっている(はい、ここで算数の問題です。昨日と今日で僕は合計何種類の曲を聞いたことになるでしょうか?)。印象に残ったことを時系列に沿って書いていこう。

1曲目「Without You Here」。これにはびっくりした。なぜって、実は今日の昼にスクイーズのことを少し知ってる友達と、僕のあまり好きでない「Domino」というアルバムからようやく見つけた好きなこの曲を今日リクエストしようかな、なんて話してたところだったから。しっとりとした、いいオープニング。

最初の数曲をギターで演奏した後ピアノに移るのは昨日と同じ展開だったのだが、そのときに彼が話したこと。「初日はピアノ使わなかったんだけど、昨日は使ってみたよ。あんまり上手じゃないんだけどね」。そこで僕が「上手かったよ」って言ったら、「そうだろ?」だって。ちゃんと目が合って話してしまったよ。嬉しい。

ピアノで弾き語りした中の一曲「Last Time Forever」の途中で急に演奏を止め、「ごめん、鼻水が出てきた」ってタオルで拭いてからまた始めたのが可笑しかった。あんなシリアスな曲の途中で(笑)

昨日と同様、スケッチブックをフリップボードとして使って色んなメッセージを伝えようとするのだが、今日新たに出てきたメッセージは、「僕の友達のクリス・ディフォードの新譜を買ってください」。昔の記事に書いたけど、クリスってのはグレンと共にスクイーズのキーメンバーだった人。最近ニューアルバムを出して、それが今回の会場の入り口でも、グレンのCDと並べて売られていた。で、そのメッセージをめくると、「僕のCDを全部買ってからね」(笑)

15分の休憩後3曲目、「オーケー、次はまたリクエストの曲を演ろう。これはyasから。君、今日はラッキーな日だね」と紹介されて「Vicky Verky」が始まった。本当は名前呼ばれたら返事してやろうと思っていたのだが、あまりにびっくりして声も出ないうちに曲が始まってしまった。でもその曲への歓声はけっこう大きく、皆が待ってた曲だということもわかった。僕がリクエストしたんだよ、って自慢してやりたかったよ。

今日のカバーの一曲、ジミ・ヘンドリクスの「Voodoo Chile」。これには驚いた。オリジナルそのままの演奏をアコースティックギターで完璧にこなす上、ギターを頭の後ろに持っていって弾いたり、マイクスタンドに擦り付けて弾いたり、すっかりジミヘンになりきってたよ。でも、頭の後ろにギターを持っていったまま急に演奏を止め、「ジミが亡くなったのは27歳のとき。その頃の彼は僕より少しスリムだったはずだから、お願いだから僕の腹より下は見ないでおいて」だって(笑)。

他にも驚いたのは、「The Truth」演奏中に(演奏を止めずに)一瞬で6弦のペグをぐるっと緩め、低音弦でドローンのような音を出し始めたこと。あんなの初めて見たよ。

「Hourglass」演奏後、またフリップボードを取り上げ、「僕の友達のクリス・ディフォードの新譜を買ってください」を見せながら、「今の曲もこのCDに入ってるから」って言ったはいいが、その後おもむろに「僕はただページを順番にめくってるだけだよ」ってまた自分のCDの宣伝に(笑)。もう全編にわたってこういうジョークが満載だった。

「Up The Junction」を12弦で弾いている途中で弦が切れ、ギターリフの続きを観客が声で歌うなど楽しい場面も。アンコールのラスト「Black Coffee In Bed」でも、コーラス部分を観客に歌わせ、自分はアンチョコを見ながら日本語で「明日も来てくださ〜い」とか歌い出して、でもその後日本語が続かないもんだから、「コンバンハ〜」とか歌って大爆笑。

最後にお知らせがあったのだが、明日の2時から渋谷のヤマハでフリーコンサートを演るとのこと。うーん、明日はどうしても抜けられない大事な用があって行けない… 僕の記事を読んで行ってみたくなった方がおられたら、これどうでしょう?タダですよ(笑) あと、元々明日と明後日は当日券は出ないとのことだったけど、今日受付の人に訊いてみたら「出るかも」とのこと(チケット売れてないのか!)。どなたか日曜一緒に行きませんか?(笑)。

さて最後に一番嬉しかったこと。コンサートが終わってしばらく隣の人と話した後に外に出たら、なんと外から戻ってきたグレンとすれ違った。「いいショーだったよ」って言ったら、背中をぽんって叩かれて「ありがとう」って。もう嬉しくてそのまま彼についてまた会場内に戻る。既にバーカウンターのところには列ができており、皆でサインをもらったり一緒に写真を撮ったり。僕もチケットの裏にサインをもらい(今はスキャナーがないので、後日ここに載せます)、一緒に写真を撮ってもらった。

「『Vicky Verky』リクエストしたの僕ですよ」とか、(本来クリスの持ち歌の)「『Cool For Cats』なんてリクエストしてごめんなさい。でも貴方の歌うあの曲を聴いてみたかったんですよ。あ、もしかして歌詞知らない?」とか言ってみた(「知ってるよー」って返されたよ)。ほんの1〜2分しか話せなかったけど、すごく思い出に残る瞬間だった。

果たして明後日の最終日、僕にとってこれ以上いいイベントになることがあり得るのだろうか。チケットの整理番号は今日に輪をかけて悪い63番。どうやって一番前に潜り込もう…(笑)


1  Without You Here
2  Reinventing The Wheel
3  Piccadilly
4  Who's That?
5  The Waiting Game
6  Last Time Forever
7  Tempted
8  Jolly Comes Home
9  Hostage
10 Annie Get Your Gun
11 Wichita Lineman <グレン・キャンベルのカバー?>
12 Yap Yap Yap
13 Vanity Fair
14 Parallel World
15 Oh Well <フリートウッド・マックのカバー>
16 Another Nail In My Heart

17 This Summer
18 I'm A Believer <モンキーズのカバー>
19 Vicky Verky
20 Walk A Straight Line
21 Voodoo Chile <ジミ・ヘンドリクスのカバー>
22 The Truth
23 In Quintessence
24 Hourglass
25 Untouchable
26 Up The Junction
27 She Doesn't Have To Shave
28 Goodbye Girl
29 Slap & Tickle
30 Is That Love

31 They Can't Take That Away From Me <ジョージ・ガーシュインのカバー>
32 Black Coffee In Bed
posted by . at 00:38| Comment(9) | TrackBack(1) | コンサート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする