2006年10月12日

Glenn Tilbrook Live In Tokyo (Part 1)

Tilbrook.jpg

楽しいコンサートだった。本当は今回の一連のコンサート全部が終了してからまとめて記事にしようかと思っていたけれど、毎日の興奮が冷めないうちに少しずつ書いていくことにしよう。今日は10月12日(木)、グレン・ティルブルック東京公演の二日目。僕は全5日公演のうち、今日、明日、最終日のチケットを確保した。

会場は南青山マンダラ。僕にとっては初めての場所だったが、なかなか感じのいいところ。地下に降りると左手にバーカウンター、右側には、おそらく三人編成のバンドが入ったら一杯になると思われる程度の、低めのステージ。ギターが2本(どちらもヤマハの、6弦と12弦)とグランドピアノが置いてある。ステージ前のいくつかの小さなテーブルをはじめ、壁際のソファ、バースツールなど様々な大きさと形の座席が配置されており、席は全て自由席になっている。僕が到着したときにはもう大方の席は埋まっていたのだが、例によってあつかましく一番前のテーブル席に「ここ空いてますか?」と入り込む。譜面台正面、足の置き場はステージの上しかないような好位置。

開演予定時刻の7時ぴったりに会場が暗くなった。うわあ、本当に近い。目尻の皺まで数えられるような距離。比喩でもなく、飛び散る唾や汗が全部見えるよ。しかし、太ったなあ。指なんてころころした虫みたい。あれでよくあんな高速の運指ができるよ。それに、思ったより背も低く(多分180もないのでは?)なんかタレ目の可愛いフワフワ頭のぬいぐるみみたい。

会場にはリクエスト箱が備え付けてあり、前日のリクエスト曲から本人が選んだ曲を演奏するようになっている。そんなわけで、のっけからマイナーな曲を連発。彼の過去30年近くに及ぶ数百曲のデータベースからランダムに選んだような順番で意外な曲が次々に演奏されるのを聴くのは、思いもよらぬ快感。

途中、コーラス部分の歌詞を書いたスケッチブックを前にいた客(僕の隣の奴だ)に持たせて観客にコーラスさせたり、いきなりギターのケーブルを抜いて客席を練り歩きながら歌ったり、楽しい趣向も色々。ある曲では二番の歌詞から歌い始めてしまい、あれ?って感じで舌を出して苦笑いしながら一番に戻ったり、譜面台に置いた紙の束を見せて「俺、歌詞を覚えてない曲がこんなにあるんだよ。リクエスト入ったからこれ見ながら歌うよ」なんて言ったり。楽しい楽しい。

間に15分の休憩を挟んだ二部制。第二部の途中で「ちょっと手を洗ってくる。一分ちょうだい」なんて言ってトイレに駆け込んだりする場面も。アンコールも含めると、全部でなんと30曲、2時間15分に及ぶ熱演だった。

特に第二部の出だし数曲は、僕の大好きな曲が目白押しだった。以前記事にしたyascd001と、実は未発表ながらひそかに存在するyascd001.1という二つのミックスCDを押さえていれば、今日のライヴのかなりの曲は(ヒット曲だけでなくマイナーな名曲まで)わかったはず。我ながらあのミックスCDの選曲の妙に感心してしまった。

ああ、少しずつなんて言って、またいつもの長文記事になってしまった。最後に今日の曲目表を載せて、あとは明日にしよう。僕がリクエスト箱に入れてきた3曲(どれも今日は演らなかった)、明日は演奏してくれるかな。僕の名前も呼んでくれるかな。明日も一番前に座って、スケッチブックを持つ役やろうかな。

1  Someone Else's Bell
2  Oh Well <フリートウッド・マックのカバー>
3  Genitalia Of A Fool
4  Piccadilly
5  Take Me, I'm Yours
6  Last Time Forever
7  Point Of View
8  Tempted
9  Messed Around
10 Hostage
11 This Is Where You Ain't
12 I Can Hear The Grass Grow <ムーヴのカバー>
13 Slightly Drunk
14 Goodbye Girl

15 Electric Trains
16 She Doesn't Have To Shave
17 Jolly Comes Home
18 Some Fantastic Place
19 You Can't Do That <ビートルズのカバー>
20 Hourglass
21 Untouchable
22 Monkey On You
23 No Place Like Home
24 Up The Junction
25 Another Nail In My Heart
26 Footprints
27 Parallel World
28 Pulling Mussels (From The Shell)

29 (You're So Square) Baby I Don't Care <プレスリーのカバー>
30 Is That Love
posted by . at 23:48| Comment(9) | TrackBack(1) | コンサート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする