2006年10月11日

早朝の唄 Ray LaMontagne 「Till The Sun Turns Black」

緯度が高いためか針葉樹の目立つ鬱蒼とした森の奥深く。夜明けまであと少しといった時間帯。さっきから歩を進めるたびに夜の色が少しずつ薄くなっているのがわかる。空気は澄んでいるのに視界があまりよくないのは朝もやのせいか。この時間帯では虫の音さえ聞こえず、ここしばらくは自分が踏みしめる湿った枯葉の音しかしない。まだ冬には早いはずなのに、身を引き締めるような寒さが体を包んでいる。やがて、名も知れぬ野鳥の巣が視界に入ってくる。そこには手のひらに収まるような小さなたまごがひとつ。親鳥はどこへ行ってしまったのだろうか。固唾を呑んで見守っていると、その殻に小さな亀裂が入り、そして数分と経たないうちに中から小さなひな鳥が現れる。荘厳な瞬間。目を上げるとちょうどそのとき東の空から陽が昇り、木々の間から薄い木漏れ日が差し込んできた。

Till The Sun Turns Black.jpg

実際の歌詞とは全く関係ないが、レイ・ラモンターニュのニューアルバム「Till The Sun Turns Black」の一曲目「Be Here Now」を聴いて僕が勝手に思い浮かべた情景はこういうものだった。使われている楽器類のせいだろうか、とても視覚的な一曲。アルバム冒頭から意表をつく6分強にもわたる長尺、しかも曲自体にドラマティックな展開があるわけでもないのに、あっという間に6分が過ぎ去ってしまう。

続く「Empty」は、数ヶ月前にリリースされた(ジャムバンドの祭典)ボナルー・フェスティバルでのライヴを収録したミニアルバムにも既に新曲として収められていた曲。そのときの演奏はレイ本人を含むギター、ベース、ドラムのスリーピースのこざっぱりしたものだったが、今回は弦楽器をふんだんに使ったとてもふくよかな音になっている。ボナルーでの演奏も決して悪いものではなかったが、これは別格。これを聴いただけで、プロデューサーのイーサン・ジョンズの力量がよくわかる。

このまま全曲解説をしていたくなるほど、このアルバムにははまってしまった。これは04年の名作デビューアルバム「Trouble」を凌いでいるかもしれない。今回のアルバムの特徴としては、レイとイーサンが基本的な楽器を演奏している以外は、アルバム全編に亘ってチェロやバイオリンなどの弦楽器が多用されていること。数曲でブラッド・ジョーンズ(懐かしい)がベースを弾いている他、レイチェル・ヤマガタが一曲でバッキング・ボーカル、ジョン・メデスキが一曲でウーリッツァーを弾いている。ヤマガタはそっと寄り添うようなハーモニーをつけている程度だが、メデスキは下手すると一本調子になってしまいそうなこのアルバムにファンキーなジャズ風味の彩りを添える重要な役割を果たしている。

確かこの人、アメリカ北部だかカナダで郵便配達をしていたが、あるときスティーヴン・スティルスの歌を聴いて曲を作ることを思い立ち、20代後半にしてデビューしたとか(手元に資料がないのでうろ覚え)。ほんとかよ、と思うような経歴。なんで今更スティーヴン・スティルス?とも思わなくもないけど、でもこれだけの才能を持った人が手紙を配りながら人生を終えなくてよかったと素直に思うことにする。

インストゥルメンタルを含む全11曲。長めの曲が多い割にはアルバム全体はコンパクトにまとまっているので、飽きずに何度も繰り返し聴ける。淡々としながらも底に熱いものを感じさせる、(北半球では)これからの季節に絶好のアルバムだと思う。もちろん南半球の僕もこれからじっくり聴きこんでいくけどね。

これも先日のアメリカ出張で駆け込みで買ってきたCDのうちの一枚。出たばかりの新譜なのに幸運にも中古で$8.99で買えた(ええ、そういうのが自慢です)。あの出張はいろいろあって大変だったけど(え、全然大変そうには見えなかったって?)、前回の記事のジン・ブラッサムズといい、僕の2006年度ベスト10候補作品がいくつも手に入って、振り返ってみたらいい出張だったな。
posted by . at 22:42| Comment(15) | TrackBack(0) | アルバム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする