2006年10月02日

ラスヴェガスにて

出張でロサンジェルスとラスヴェガスに来ている。LAでは結局自由時間が全く取れず、楽しみにしていたアミーバ・レコード(世界最大の独立系レコード店)には行けなかった。今ラスヴェガスにいて、今日の午前中だけフリーになったのでレコード屋に行こうとしたら、調べておいたヴァージン・メガストアは閉店、それから散々歩き回ってみたが、どのショッピングモールにもCD屋などなく、唯一見つけたところはろくな品揃えも無いくせに値段はアマゾンで買ってNZに送ってもらうよりも高いという始末。こんなところでCDなんて買う人、ほんとにいないんだね… で、結局ホテルの部屋に戻ってきて、こうしてブログを書いてる。わざわざアメリカまで来て何やってんだか。

飛行機のチェックインに始まって、ほんの数日間でこの国にうんざりしたことは山のように書けるほど貯まったんだけど、昨晩素晴らしいものを見たので、今回のうんざりツアーはこのためにあったと思うことにした。今回の出張は、取引先の人達を接待するのが目的で、昨晩はシルク・ドゥ・ソレイユの「KA」を観に出かけた(遊びみたいな出張ですみませんね)。僕はこういうものに関しては殆ど何の知識もないから専門的なことは全然書けないんだけど、これには本当に感動したので、感想文程度でも書き残しておこう。

ka.jpg

Cirque du soleil、直訳すると「太陽のサーカス」かな?その名前からてっきりフランスの団体なのかと思ってたら、カナダの劇団なんだね。サーカスというよりは、アクロバットを中心にしたショーっていう感じ? 実は僕はもう20年ぐらい前に東京で一度彼らの公演を見たことがあって(演目は忘れた)、その時もそれなりに楽しんだ覚えがあるんだけど、今回のはそれとはもうスケールが全く違った。

メンバーの動きが超人的。まるで「少林サッカー」の動きを目の前で実際に再現されてるように錯覚してしまう。例えば、トランポリンでもない普通の床から飛び上がって二回転した後、前後に180度開脚したままぺたっと着地する、とか(本当はあの技には専門用語があるのかも知れないけど)。舞台には一度に何人も(下手すると十何人も)出ているんだけど、それぞれのメンバーがそういう物凄い動きをしているので、もう一体どこを見ていいかわからなくなるような瞬間も。

一番の驚きは、ステージそのもの。ショーが始まる前は、ステージのあるべき所になにもなくて、奈落から火と煙が出ているだけなのだが、一旦ショーが始まったら、普通の平たいステージだけでなく、船や工場のセットなどが次から次へと現れる。奥行きもあるから、一度に前後や上下に複数のステージが現れて、それらをメンバーが行き来することもあった。「普通の平たいステージ」と書いたけどこれがまた凄くて、縦横に回転したり斜めに傾いたりするだけでなく、果ては垂直に立ってしまう。その上(?)をワイヤーで吊られたメンバーがまた素晴らしい動きでショーを続ける。あれ、高さはきっと20メートルぐらいあったよな。奥行きもきっとそれぐらいあったから、一辺が20メートルの立方体の中全てがステージ、と言っていいと思う。その中をメンバーが、まるで水の中か宇宙空間にいるかのように自由自在に(超人的な動きで)動き回るのが圧巻だった。

そういう大掛かりな部分だけでなく、影絵を用いたり、海の小動物(カニやヒトデなど)に扮したメンバーが登場するところなど、思わずにこっとしてしまうような楽しい演出もある。そういえば、ショーが始まる前にも「カメラ撮影・携帯電話・タバコ禁止」のお知らせがあるのだが、それも普通のアナウンスでなくちょっと面白い演出になっている。

ストーリーはわりと単純な勧善懲悪の物語。普通の台詞は一切なく、何か話しているのを表現するにも、まったく何語かわからないような言葉をあえてつかっている。ちなみに結構重要な役で出ていた女性は高橋典子さんという日本人らしいが、彼女が喋っていた言葉も「ニセ日本語」みたいな感じだった。

普段紹介している音楽と違って、こういうのって映画と同じで途中でどうなるか・何が出てくるかをあんまりばらしてしまうのはルール違反になるだろうから、説明はもうこれぐらいにしておくよ。今回は出張前に予約していたこともあって、前から5列目のど真ん中という最高の席だった。ワイヤーで吊られたメンバーが客席の方まで飛び出してくるのだが、それを僕はもうほとんど真上に見ていた。残念なのは、前夜いろいろあって2時間しか寝ていなかったので、静かなシーンではつい目をつぶってしまうことがあったぐらいか。ってそれは僕のせいなんだけど。

聞くところによると、この舞台装置を他で作るのは不可能なので、このショーをこの規模のまま見られるのは、世界中でこのMGMグランドだけだそうだ。決して安いチケットじゃないし(個人的にはあれだけのショーで$150は破格だと思うけど)、カジノやトップレスショーに興味のない人はラスヴェガスに行って他に何をするのかという問題もあるけど(CD屋さえ無いし!)、でも僕は時間とお金に少し余裕ができたら、これを観るためだけにもう一回この場所に来てもいいと思った。で、帰りにLAのアミーバに寄っていくことにしよう。
posted by . at 06:33| Comment(11) | TrackBack(0) | 非音楽的 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする