2006年09月22日

Okkervil River 「Overboard & Down」

先日レポートしたオカヴィル・リヴァーのオークランド公演から丁度二週間後、延期になっていたオーストラリア/NZ公演記念EPがようやく先週末発売された。全5曲中、新曲3曲、カバー1曲、ライブ1曲。

海から手招き オカヴィル・リヴァー「Overboard & Down

ジャケットはいつものウイリアム・シャフ。海から出てる手が不気味。遭難してもこんなシチュエーションにだけは遭遇したくない(笑)。俺の右手に触るなー、って感じ?

1曲目「The President's Dead」は先日のコンサートでのオープニング曲。そうそう、こういう始まり方だったよな。彼らにしては珍しく(?)明るいアップテンポな曲。タイトルを見たときにはてっきりブッシュを糾弾した内容かと思ったけど、そういう訳でもなさそう。あんまり政治的な歌を歌う人たちじゃないからね。このドラムが入ってくるところで(僕のお気に入りの)ドラマーのトラヴィス君が本当に楽しそうにニコニコして歌いながら叩いてたのを思い出すよ。あの時はもうちょっと後半引っ張ったと思ったんだけど、このスタジオ・ヴァージョンは3分弱であっさり終わってしまう。物足りないよなあ。

2曲目「The Room I'm Hiding In」は、ペダル・スティールの音が気持ちいいカントリー調。そういえば、こないだのライブ評に書いたメンバー名、今回のEPに入ってるのがあの時のメンバーだとしたら、どうやら間違ってたよ。「Black Sheep Boy」〜「BSB Appendix」〜「Overboard & Down」の間にどうもメンバー交代があったみたいで、「BSB Appendix」が新旧メンバー両方が参加してるからわかりにくかった。あの時「ハワード・ドレイパー」と書いたマンドリンの人はどうやらブライアン・キャシディー。この2曲目でペダル・スティールを弾いてるのは彼。あと、記事には書かなかったけど、べーシストも新しい人(パトリック・ペストリアス)みたい。今これを読んでる殆どの人にはどうでもいいことだろうけど、一応このバンドのことをよく知ってる人も読んでいるはずなので、ここで訂正しておくね。

3曲目はビッグ・スターのカバー「O, Dana」。僕この曲が入ってるビッグ・スターのサード・アルバムは持ってないんで、オリジナルと比べてどうなのかわからないけど、これは言われなければカバーだとは思えないほどしっくりきてるね。ちなみに今回のEPのタイトルはこの曲の歌詞から取られている。なんでまたわざわざ唯一の他人の曲(の、しかも曲名でなく歌詞)から、と思うよねえ。

4曲目は、これも先日のライブで演った「Love To A Monster」。マンドリンの音が少し物悲しい、きれいなワルツ。間奏のピアノ・ソロも切ない。歌詞もちょっと悲しい。けど、歌詞の途中に「俺もうこの曲に飽きてきちゃった」なんて出てくるのが可笑しい。

最後は昨年のアメリカでのライブ録音。オリジナルはファースト・アルバムに入っていた「Westfall」。曲が始まる前にウィルが喋ってるのを聞くと、どうやらこの時のサポートはNZのグループ、ブルネッツ(The Brunettes)だったみたい。今回このEPがオーストラリア/NZ限定だから、わざわざこのMCまで入れたのかな。嬉しいことしてくれるね。先日のオークランド公演でもアンコールの最後にこの曲演ったけど、この録音もどうやらこの時の最後の曲だったみたい。6分にも亘る熱演。今回これを機会にちゃんと歌詞読みながら聴いてみたけど、こんなえげつない歌詞の曲だったんだね。

何度も書いたように、このCDってオーストラリアとNZでの限定発売なんだけど…あれ?アマゾンジャパンで売ってるぞ。値段もこっちで買うのと殆ど変わらないし。げ、HMVジャパンだとまとめ買い割引でこっちで買うより安い。なんだよ、一体。ありがたみ、ゼロ(笑)

そういう訳で、上にアフィリエイトしたけど、特にこのバンドのファンでもない人には別にお薦めしません(笑)。まず何か聴いてみようって人は、こないだ説明した「Black Sheep Boy」(または「BSB Appendix」)から聴くように。ここまでこんな面倒臭い文章読んできた人こそ「なんだよ、一体」て言いたくなるよね(笑)。
posted by . at 20:45| Comment(8) | TrackBack(0) | アルバム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする