2006年09月10日

Okkervil River 「Black Sheep Boy Appendix」

最近の記事が長くて不評なので(笑)、ちょっと短めのCD評を書いてみることにしよう。一枚のCDについて長々と書くより、少しずつ書いてたくさんのCDを紹介できるほうがいいもんね。目標はうちの15インチの画面でスクロールなしで読める分量。またこんな言い訳で数行損してしまった訳だけど。

Appendix.jpg今日は、こないだ行ったコンサート以来病みつきになってるオカヴィル・リヴァーにしよう。このCDは、タイトル通り去年出た「Black Sheep Boy」(以下「BSB」と略)の付録、というか続編のような性格になっている。まず簡単に「BSB」の話をすると、その冒頭に収められたタイトル曲(ティム・ハーディンのカバー。だけど僕はポール・ウェラーのカバーで知った)をモチーフに、黒い羊の少年をめぐる夢のような、でも血なまぐさい(「血」「ナイフ」「夜」「闇」という言葉がキーワードのようにアルバムのあちこちにちりばめられている)、かなりシュールな歌詞の曲が収められている。僕は歌詞を読んでみて、村上春樹のちょっとヘビーな方面の小説(「世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド」とか)を連想した。

この「Appendix」は、同じ物語を継承した7曲入り24分のミニ・アルバム。冒頭の「消えた子供たち」の話から、黒い羊の少年を絡めた、またしても難解な歌詞の曲が続いていく。とはいえ、これは歌詞を理解しなければ聴いてもわからないタイプの音楽ではない。今回僕が「BSB」じゃなくてこちらを採り上げたのは、そのコンパクトにまとまったシアトリカルな音のつながりがすごく興味深いと思えたから。

7曲のうち「庭」「森」の2曲がインスト。ただ、その2曲も含めて全7曲が殆ど全部メドレーっぽくつながっていて、ラジオの音やオルゴールなどのSE(サウンド・エフェクト)が随所に入ってくるところや、同じテーマが繰り返されたり、最終曲に冒頭の曲が別のテンポで再演されるところなど、まるで往年のプログレッシブ・ロックのような展開が僕にはとても面白い。

短いだけあって、歌詞的にも音的にも起承転結のようなものがあり、「転」にあたる「もうひとつのラジオの歌」(これは「BSB」に入っていた「ラジオの歌に」を再展開したもの)の、歌詞カードでは26行にも亘る句点なしの歌詞を一気に歌い上げる箇所は圧巻。起承転結といえば、あんまり曲順に脈略のなかったような今回のオークランド公演でも、このアルバムの「承」にあたる「鍵も計画もない」と「結」にあたる「今のところ最後のラヴソング」がコンサート全体のその位置に演奏されていたのが興味深い。

誰にでもお勧めできるようなCDじゃない。でもこのバンドのことを何かで知って、これから聴き始めてみようと思っている人には、まずこれから入ってみることを薦める。日本盤は出てないけど、アマゾンで1500円弱で手に入るから(なので上に挙げた邦題っぽいタイトルは全て僕の直訳。以前書いた反・邦題の記事に反してまでこういう書き方をしたのは、歌詞のイメージが少しでも沸くかと期待してのこと)。

アメリカでは未だにインディーレーベルに属してるけど、欧州での配給がEMI・ヴァージンに決まったという話を聞いた。新譜もそろそろのようだ。これまで、この短編も含めて一作ずつ確実に成長してきているこのグループの次回作をとても楽しみにしている。
posted by . at 08:13| Comment(7) | TrackBack(0) | アルバム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする