2006年08月04日

重箱の隅巡りの旅

今日はちょっと小ネタを一つ。

僕のブログに何故か何度も登場しているピンク・フロイドの編集盤「A Nice Pair」。そのタイトルからも察せられるように、これは73年の大ヒットアルバム「The Dark Side Of The Moon」の人気にあやかって、レコード会社が最初の2枚のアルバムをカップリングして74年に出したLP。

そんな安易な編集盤のわりには、ヒプノシスがデザインした結構豪華なジャケットに入っていて、そういった意味では彼らの他のアルバムと比べても価値が落ちるものじゃない、と僕は思ってるけどね。でも内容はオリジナルアルバムをくっつけただけなんで、これはCDにはなってない。ちょっとしたコレクターアイテム。別に探すのは難しくないけど。

前に書いたけど、僕が最初に買った彼らのLPがこれだった(ちなみに最初に聴いたのは同時体験の「The Wall」。レンタルでコピーした)。このファーストアルバム(とセカンドの一部)には、しばらく前に追悼記事を書いた最初のリーダー、シド・バレットが参加しており(参加、というか彼のバンドだったんだけどね)、このアルバムだけは後のピンク・フロイドのアルバムとは全く異なった性格を持ってる。簡単にいうと、プログレじゃない。

このファーストにはまってしまい、その後本来のファースト「The Piper At The Gates Of Dawn」のCDを買い、今年になって同アルバムの30周年記念豪華箱入りモノラルCDなんてのも買ったのは前述の記事のとおり。

ところで先日、別のLPを探していたときにふとこのアルバムをイーベイで見つけ、つい落札してしまった。なんでまた同じものを、と思うかも知れないけど、これ見て。

間違い探し

同じアルバムが2枚。でもよく見るとちょっと違うよ。左が前から持ってたやつ。右が今回買ったやつ。

左側の右上の写真。

僧侶


右側の右上の写真。

歯医者


左側の左下の写真。

白変態


右側の左下の写真。

黒変態


実は新しく買った右側のは、初回オリジナル盤。なんでもこの右上の写真の歯医者さんがこの写真を使うことを拒否したらしくって(そんなの発売してから言うなよ)、途中で左側の僧侶の写真に差し替えられたらしい。

左下の写真の、どこかのコメント欄での青グリンさんみたいなコートを着た人の写真が何故差し替えられたのかは不明。

しかも今回買ったのはアメリカ盤(最初のは日本盤)。冒頭の「Astronomy Domine」が、オリジナルヴァージョンでなく「Ummagumma」からの8分に及ぶライヴヴァージョンになっているのだ。

・・・なっているのだ、って言われても、今これを読んでいる方のほとんどは「それがどうした」と心の中で突っ込むしかなかったよね。

認めたくはないけど、マニアってこんなもんなんですよ。もう買うものがなくなったら重箱の隅つつき放題。初回限定盤、発売後回収になったレア盤、どこかマイナーな国だけで出たジャケットだけが違う盤、などなど。同じブツが既に家にあっても、そういう貴重盤を見つけてしまったが最後、買わずにはいられない。結局これで僕の家にあるピンク・フロイドのファーストアルバムが4枚になってしまった。



まあ今回はそれだけの話。大した話じゃなくてすみませんね。じゃ、せめていつものように面白ジャケットを期待している方のために、この裏ジャケット左上の写真を乗せておくね。

こんにちは
posted by . at 23:55| Comment(12) | TrackBack(0) | アルバム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする