2006年07月29日

NZのメリーさん

「ひそそかの窓」さんのブログに僕が書いたコメント

>こちらの自動車教習所のテキストの挿絵(道路や交差点が書いてある)の道端のところには必ず羊が描いてあります。毎ページに。

に、ほのかに反応してくださった方がおり、是非見てみたいということなので、小ネタを一つ。

まずは「道路は左側通行」という基礎中の基礎のページに登場。ここでは恥ずかしげに木の陰に隠れています。

羊が3匹

ここにもいました。青い車が無謀な追い越しをかけている横でのんびり水など飲んでおります。

暴走族と羊

何匹いるのでしょう。これが一番実際の景色に近いかも。

見渡す限りの羊

おっとここにも。なにやらシロアリのようにも見えます。

シロアリ

とまあ、こんな感じで。「毎ページ」ってのはさすがに誇張だけど、これだけあちこちにまるで風景の一部として当然のように写りこんでると、運転免許の勉強中にも思わず頬が綻んでしまうというもの。羊の数が人口の10倍いるというNZならではのお話。


僕はこれまで仕事の関係であちこちの国を転々としてるけど、こういうちょっとしたところにそれぞれのお国柄が見られるのが楽しみ。でも、転勤・引越しが多いとやっぱりそれなりに問題もある。

いつも引越しのたびに引越し業者の人に言われるのが、うちは物が多いってこと。マレーシアからの出荷のときにはその日系業者さんがそれまでに扱った中でも歴代2位の多さだったとか。理由は簡単、荷物の1/3強はレコード・CD類です。あと本かな。

引越しのときにはそのレコード類に一番時間と手間がかかるのが難点。ケースが破損したりジャケットが折れたりなんてのはよくあること。昔ジャカルタからジェッダに引越しした際に、7インチシングルと10インチEPの入った箱が全部紛失してしまったのが今までで最大の痛手。保険でお金は戻ってきても、子供の頃にコツコツ買った当時のシングルやら大きくなってから大人買いした貴重盤なんかは戻ってこないから。


なくなってしまったシングルの一枚がこれ。そんなに貴重盤ってわけじゃないけど、中学のときになけなしの小遣いで買ったレコードって、買ったときの状況まで全部覚えてるもんだから、そんなのがなくなるとつらいよね。

ポールのメアリー

これは72年当時ポールが娘のメアリのために作った曲(同名の童謡ではありません)。そんなのシングルで発売するなんて、親バカ(笑)。でも自分の父親がポール・マカートニーで、その人が自分のために曲を書いてくれるなんて、一般人には想像もできない幸せだろうね。

このブログに写真を載せるのは自分で持ってるレコード・CDだけって決めてるんで、なくなってしまったこれはちょっと異例。異例のままにしておくのも癪なので、さっきイーベイで買ってしまった。これは僕の知る限りCDにはなってないから、昔のままの7インチ。僕の持ってた日本盤ではないけど、まあそれはよしとしよう。

そんなに高かったわけじゃないけど、また家にレコードが増えてしまった。僕をそそのかせてこの記事をかかせた(どう音楽と結びつけるんです?なんて訊いた)Kさん、あなたのせいです(笑)
posted by . at 11:02| Comment(5) | TrackBack(1) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする