2006年07月28日

人口密度の夜 Arctic Monkeys live in Auckland

どこの国の音楽業界もそうだけど、ちょっと停滞してくると音楽雑誌がぽっと出の新人を強力にプッシュして、あたかも現代のビートルズが現れたように煽ることは日常茶飯事。

アークティック・モンキーズという英国のバンドがいる。今年になって最初のアルバムを出したばかりなのに、もう世界中のメディアでものすごい持ち上げよう。

でもね、こういう音楽を20年以上も聴いてきたおっさんにはもうその手は通じないんですよ。ハイプ(誇大広告)だって判ってるから。僕はストーン・ローゼスのセカンドアルバムにどれだけ落胆させられたかを覚えてるし、オエイシス(オアシスです)のアルバムは「今度こそ」と毎回買うけど必ず中古屋に売ってしまってるし。スエードが、ライドが、ファイヴ・サーティーが、パルプが、みんなどうなったか知ってるんだから。

というわけで、巷で話題の北極猿のCDは買わなかった。買えば好きなタイプだっていうのはわかってるんだけど。オークランドに来るって聞いたときも、積極的にチケット取ろうとも思わなかった。そしたら一週間で売り切れたって。ふーん。

そしたら何週間か前に同僚が「チケット余ってるんだけど」って。まあタダなら行くかと了承したら、ちゃっかり65ドル取られてしまった。コンサート行くんなら聴いとくかとCD買ったのが運の尽き。はまってしまった。こうなるのは判ってたんだけど…


さっき行ってきました。会場は先週と同じセイント・ジェームス。こないだの記事でキャパ1000人なんて書いたけど、今日聞いたら3階席まで全部入れて2500人だって。それが一週間で売り切れたの?ふむふむ、さすがハイプ。

今日は同僚と二人で行った。身長2mの英国人。一応部下なんで「俺の前には立つなよ」と忠告。それでもものすごい混みよう。他にもあちこちに2m級がいて大変。なんとか中央すこし後ろあたりの多少は見やすいところにポジションを取った。日本の3/4の面積に4百万人しか人口のいないNZで、多分今夜一番人口密度高いのはここだろうね。


このバンド、英国はシェフィールド出身で、ロンドン出身のその同僚に言わせると、北部訛りでスラングを多用した歌詞が面白いんだそうな。

例えば、bouncer ってバーやクラブのドアの前にいる黒服なんだって。酔っ払った客やなんかをボールみたいにぽんぽん放り投げるから。そんなの歌詞聴いただけじゃわかんねえよ。英国在住経験のある方、知ってました? おまけにCDに歌詞カードついてないし。


前座のオーストラリアのバンドが終わってからもじらすじらす。さんざん待たされた頃にはもうフロアはびっしり。そこで客電が落ち、1曲目は意外にもアルバムで唯一のスローナンバー「Riot Van」。おおっ、客が皆で歌う歌う。僕歌詞覚えてないよ。適当に叫ぶ。そのまま2曲目「The View From The Afternoon」にほぼメドレーで突入。

もう後はどの曲を何曲目に演ったかなんて覚えてられない。久しぶりのモッシュ(全員で波状になること、かな?日本語がわからん)。満員電車の乗客がそのまま全員で踊っている状態といえばよいでしょうか。僕もどさくさまぎれにどんどん前へ。足さんざん踏まれたけど同じ回数は踏んでやったから。

後半「I Bet You Look Good On The Dancefloor」や「Perhaps Vampires Is A Bit Strong But...」などの代表曲が続く(それにしてもタイトル長いよなあ)。自分の前に2mがいないのはいいけど、後ろの奴、俺の肩を支点にしてジャンプするのはやめろって!

僕の持ってるファーストアルバムからは目ぼしい曲はほぼ全部演ったし、僕の知らない曲も数曲演奏。その中にもいい曲があったからまたEPだのシングルだの集めないといけないよ… あれ、ハイプだとか言って興味なかったくせに。

コンサートは1時間弱で終了。アンコールなし。うん、もういいよ、汗だくだから。なんか耳聞こえないし。あ〜あ、靴が床にこぼれたビールでびちゃびちゃ。でも楽しかった。やっぱりこの手のバンドはライヴに限るよ。

やれやれ、こういう音楽聴き始めた頃はロックミュージシャンって憧れの対象だったのに、このままじゃすぐに自分の子供みたいな人たちのライヴに行くようになるんだろうな。いつになったらこういう若者向けの音楽に飽きるんだろう…


北極猿 アークティック・モンキーズ「Whatever People Say I Am, That's What I'm Not」
posted by . at 21:30| Comment(13) | TrackBack(1) | コンサート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする