2006年07月16日

南島の雪山に行った

4泊5日でNZの南島、クイーンズタウン近郊にスキー&スノーボードに行ってきました。全然音楽の話じゃないですが、せっかくブログ作ったのに最近全然書けなかったのでそのこと書きます。

僕は普段北島のオークランドにいるんですが、ここは南半球なので当然南に行くほど寒くなるのです。多分普通に日本に住んでいる方には、南の島でスキー、なんて変な感じでしょうか。

初日は朝7時発クライストチャーチ経由クイーンズタウン行きのフライト。クライストチャーチを出るともう眼下は雪山。遠くにはNZ最高峰、マウントクックも見えます。

雪山.JPG

しばらく飛ぶと機長のアナウンス。「クイーンズタウン近辺ちょっと天候よくないんでうまく降りられないかも。天気よくなるよう祈りましょう(Crossing fingers)」。なんやそれー!?乗客全員でエンガチョしといてやるから、あんたはちゃんと操縦桿握っててくれー!

まあ、うまく降りられないってのはクライストチャーチに引き返しますって意味なんでしょうが、クイーンズタウン空港って結構着陸直前まで山のすぐ際を通過するんで、天気の悪い日は横風びゅんびゅんくらってかなり揺れます。でもまあなんとか無事着陸。やっぱり南島はさぶい…

日本と違ってこの国のスキー場には、ゲレンデ近くに宿泊施設がありません。今回の場合は、クイーンズタウンに宿を取って、すぐ近くの2つの山(とは言っても近い方で30分、もう一方は1時間強)に日替わりで出かけました。レンタカー借りようかとも思ったんですが、不慣れな山道をチェーン巻いて走るのも億劫で、定期便のシャトルバスにしました。実際、目もくらむような崖っぷちの、ガードレールもないデコボコ道を延々上がって行くバスの中で、この判断が正解だったことを思い知らされました。

でも初日には行く予定だったのと違う山行きのバスに乗ってしまい、帰りには最終バスに乗り遅れて従業員用のバスに乗っけてもらって帰ってくるようなヘマもしでかしてます。うーん、ちゃんと何曜日にどっちの山に行けばいいかきちんと考えてたのに。相変わらず<綿密に計画を立て、行き当たりばったりに行動する>旅行をしています。僕ならこんなやつと一緒に旅行には行きたくないですね。

あれっ?と思ったのが、山の上には雪が積もってるのに、ある一定の標高以下には全然雪がないんですよ。1000メートルぐらいが境界線かな。

スキー場からの景色.JPG

なので、滑りながらコースの外を見ると普通の山。変な感じ。昔よく行った日本のスキー場って、確かふもとの街まで全部雪が積もってたような記憶があったんですが。これって普通なのかな。まあ、お陰でアフタースキーは全然雪のことを気にせずにすみました。

場所と時間帯と天候にもよりましたが、雪質は最高。「さらさら」というよりも「ふわふわ」と形容したくなるような新雪は、わざわざこんな遠くまで来た甲斐があると思わせてくれました(でも夕方にもなると下の方はガリガリのアイスバーンになるんですけどね)。

僕は今回は最初の二日間スキー、最終日はスノーボードと細切れな借り方をしたのであんまり恩恵にあずかれなかったのですが、レンタルはクイーンズタウン市内で複数日契約した方がお得です。スキー場で借りると長蛇の列でかなり無駄な時間がかかるし。市内の方が競争が激しいから値段もかなり安く上がるし。僕は一番安くはないけど宿まで前日の夜に無料で配送しておいてくれるところで借りました。

無駄な時間がかかると言えば、多分この2つのスキー場は(というかNZのスキー場はどこも)リフトの本数やコース取りがものすごい大人数に対応するようには設計されていないと思いましたね。今回は運悪くスクールホリデーの最後の週末にあたってしまい、結構リフト待ち時間が長かった気がします(それでも多分20〜30分ぐらいなんでしょうけど)。

NZの鳥といえばキウイが有名ですが、他の大陸から孤立したこの島には他にもNZ固有の鳥や動物が沢山います。これはケア。大きさはオウムぐらいですかね。名前のとおり、飛びながら「ケアー」と鳴きます(と言うか、その鳴き声あっての名前でしょう)。僕も野生のは初めて見ました。これは別にゴミ箱を漁っているわけではなく、ゴミ箱のオレンジ色の取っ手に反応しているところです。スキー場の案内板にも書いてありましたが、この鳥は「Curious Kea」と呼ばれるほど好奇心が強く、旅行客の荷物でも何でも持っていってしまうそうです。

ケア.JPG


クイーンズタウンのことも書きましょうかね。ここはNZでも有数の観光地。ワカティプ湖のほとりの山あいの小さな町で、遊覧船なども出ています。ちょっと箱根に似ているでしょうか(箱根を舞台にしたエピソードの出てくる小説もありましたね)。

動物の顔のついたパンは売ってません.JPG

湖畔に生えている木は白樺でしょうか。近くでよく見ると不思議な目玉模様です。

いくつ目小僧?.JPG

湖畔にはまた、この街に最初に入植したヨーロッパ人、ウィリアム・ギルバート・リース氏の銅像も建てられています。ここはかつては金が採れる地として有名だったんですね。さすがNZ、こういう銅像も羊が一緒です。

Reesさん.JPG

あちこちのレストランで、手書きメニューにMulled Wineというのが目立ちました。見た目は温めた赤ワインなんですけど、実はリンゴとボイゼンベリーのワイン。かなり甘いです。僕普段は甘い酒は全然飲めないんですが、アフタースキーに暖かいレストランに入って飲むこういう甘めのお酒は格別です。実に旅行気分。店によって微妙にレシピが違うようで、最初の店のはシナモンとオレンジピール、別の店のはクローブとレモンスライスが入っているようでした。アルコール度数かなり強めですが、女性に好まれる味ではないでしょうか。早速近くの酒屋でチェック。市販のマルドワインはコーラのようなビンに入って売っていました。これって僕が知らなかっただけで日本にもあるのかな?

Mulled Wine.JPG


旅先での僕の楽しみ。見知らぬCD屋巡りです。早速店頭の投げ売りコーナーへ直行。今回の収穫は6枚。ひとつを除いて全部5ドル(約350円)。

The Edge Of The World.jpg ビリー・ボブ・ソーントン 「The Edge Of The World」
うーん、名前しか知らん。あ、でも4曲目で故ウォーレン・ジヴォンがラップ・ヴォーカル。これは買い。 ⇒大正解。良質のオルタナ・カントリーでした。

Beet, Maize & Corn.jpg ハイ・ラマズ 「Beet, Maize & Corn」
ハイ・ラマズは「Gideon Gaye」しか持ってなかったよな。大好きってわけでもないんやけど… まあ5ドルならいいか。ジャケ画もいいし。 ⇒OK。いつもどおりのドリーミーポップ。

Dim Stars, Bright Sky.jpg ジョン・ドー 「Dim Stars, Bright Sky」
誰やったっけ(調べてみると元Xの人。日本のXにXジャパンと名乗らせる原因となった元祖X)。お、ゲストヴォーカルがジェイコブ・ディラン、ジュリアナ・ハットフィールドにエイミー・マン?んでプロデューサーがジョー・ヘンリー?これは悪いわけないやろう。 ⇒まあゲストヴォーカルの面々はあんまり目立たんけど、ジョー・ヘンリーの作ったシンガーソングライターのアルバムらしい音。でも元Xと知ってたらこれには拍子抜けしてたかも。

Custom Made Hit Parade.jpg シャッタースピード 「Custom Made Hit Parade」
全っ然知らん。でもこれはジャケ買い決定。バンドのサイトが net.auやから多分オーストラリアのバンドかな。 ⇒当たり。予想通りのモッズ系。途中でジャムの「Carnation」そのまま歌ってやんの。

2 a.m. Wakeup Call.jpg トゥイーカー 「2 a.m. Wakeup Call」
これも知らんねえ。でもジャケ買いかな…(裏返して)なに、ゲストにウィル・オールダム、ロバート・スミス(キュア)、デヴィッド・シルヴィアン、ジョニー・マー??なんでこんな豪華ゲストが?誰なのこれ? ⇒ゲストの半分の名前を見て予想がつく暗めのエレクトロニカ。調べてみると元ナイン・インチ・ネイルズの人でした。

Knock Knock Knock.jpg ホット・ホット・ヒート 「Knock Knock Knock」
今回これだけ15ドル。EPのくせに。でもまあ最近お気に入りのバンドの初期のEPなんで、1000円程度なら買って損はないか。 ⇒音はいつもどおり。CD盤が透明な特殊仕様で、こういうのは持ってて嬉しくなる。


さて、そろそろ長くなってきましたね(最後の方は全然旅行と関係ないし)。では最後にお約束のこれ。クイーンズタウンにもちゃんとありましたよ。世界に広がる居酒屋チェーン。

居酒屋河童.JPG
posted by . at 17:46| Comment(10) | TrackBack(0) | 非音楽的 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする