2006年07月03日

英語を日本語表記すること

このブログを始めるにあたって、ひとつルールを決めました。音楽の話に限ったことではありませんが、外国人の人名、外国語で作られた作品名をどう表記するかって、けっこう悩ましいんですよ。いちばん簡単なのは、(PCにフォントが入ってる限り)オリジナルの言語でそのまま表記すること。でもこれは僕のみたいなブログだと、下手すると文章の中が英語ばっかりになって、ただでさえダラダラと長くなりがちな文章を誰も読んでくれなくなってしまう恐れがあります。

読む方にとっていちばん易しいのはカタカナ表記ですね。でもこれがけっこう曲者なんですよ。日本人が子供の頃に英語の前にまずローマ字を習うことって、良し悪しだと僕は思います。皆さん、始めて見た英単語をついローマ字読みしてしまいません?昔、登場人物にファンタの種類を「オランゲとグラペ」と読ませてしまうスージー甘金の漫画が宝島に載ってましたが…ってそんな誰も知らない話はしなくていいですね。

音楽関係で有名人だと、ポール・マッカートニーとか。これ多分本人が聞いても自分のこととは思えないでしょう(あと、話がずれますが、日本のコンサートなんかで大声で「ポールー!(ポとルをそれぞれ強調)」って呼ばれてもわかんないでしょうね)。音楽評論家のピーター・バラカンに書かせると“ポール・ムカートニ”、そのままカタカナ読みしてもなんとなく原音に近い発音をしている気になります。でも、ピーター・バラカンでもない僕がここで急にムカートニって書いても、読者の方はきっと何のことだかわからないと思います。で、自分で決めたルールとしては、いくら日本で定着していたとしてもあまりにもローマ字読みな書き方には抵抗がある、でもあまりにも原音に忠実にしても何を書いているのかわからないので、適度にわかる程度に書く、ってなとこでしょうか。例えばこの例でいくと、ポール・マカートニーとか。

他に有名な例を挙げると、元は天使の名前Gabrielはガブリエルでなくゲイブリエルがより原音に忠実ですね(でもゲイブリエルってカタカナでタイプしても一回でちゃんと変換されないですよ。ああ面倒。それにガブリエルの方が愛称ガブちゃんとか呼びやすいという利点もあるんですけどね)。他には英国人に多いGrahamというファーストネームはグラハムでなくグレアム、とか。サッカーのベッカムは有名になる前、日本のメディアではベックハムと呼ばれていたそうですね。

前々回の記事で書いたスクリティ・ポリティも、日本のメディアでは普通はスクリッティー・ポリッティーとなっているはずです。元の表記Scritti Polittiは英語のPolitical Scriptのイタリア語だそうで(僕イタリア語知らないので、これが真っ当なイタリア語なのかなんちゃってイタリーなのかはわかりません)、もしかしたら本当はイタリア語発音ではスクリッティーの方が正しいのかもしれませんが、まあ英国のグループなんで、英語読みされることが圧倒的に多いでしょうから、英語っぽく書くことにしたというわけです。

じゃあアルバム名とか曲名はどうするか。これがまた日本特有のややこしい話があります。邦題というやつ。上のルールでいくと、最初の記事に書いた「London Calling」などは「ロンドン・コーリング」と書けばより読みやすくなったはずなんですけど、日本に洋楽を普及させようとがんばっておられた70〜80年代のレコード会社洋楽担当諸氏のおかげで、たくさんの洋楽には“キャッチーな”邦題がついていることが多く、日本語表記で書くならやはり浸透しているそちらで書くべきなのか、という問題があります。例えばマイケル・ジャクソンの「Beat It」は頭に「今夜は」と付けないといけないですし、ワムの「Wake Me Up Before You Go-Go」に至っては「ウキウキ・ウエイク・ミー・アップ」と書かざるを得なくなってしまいます。それはちょっと屈辱的というかなんというか… で、妥協策として、曲名・アルバム名はそのまま英語(ないし原語)表記すると。

あくまで自己満足の世界なんで、読んでおられる方にとってはどうでもいいことなんでしょうけど、今後僕のブログを読んでて「あれ?」と思われる方がいるといけないんで、一応書いておきました。オチのない話ですみません(今のところどの記事にもオチなんて付いてないですけど)。
posted by . at 23:40| Comment(27) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする