2006年07月01日

追悼 アリフ・マーディン

去る6月25日、名プロデューサー、アリフ・マーディンが亡くなられました。ジャズ〜ソウルの数々の名盤を生み出された方ですが、僕が彼の名前を意識し始めたのはスクリティ・ポリティの85年の出世作「Cupid & Psyche 85」が最初でした。

最近ではもっぱら、ノラ・ジョーンズの一連のアルバムのプロデューサーとして有名でしょうし、nekoさんお気に入りのラウル・ミドンのアルバムも手掛けられていますね。

昔は全然気にしなかったのですが、自分が中東に駐在してみてふと気になったファーストネーム。調べてみると彼はイスタンブール生まれのトルコ人だったんですね。とすると(ちょこっと異国知識をひけらかすと)彼の名は“アーリフ・マディン”がより正確な発音ですかね。まあどうでもいい話ですが。

昔は全然気にしなかったどころか、件の「Cupid & Psyche 85」に入っていた「Wood Beez (Pray Like Aretha Franklin)」という曲から、(アリサ・フランクリンのことは知っていた)僕、彼のことを女性だと思ってたんですよ(恥)。アリフ。アリサ。似てません?ま、普通カタカナ表記では「アレサ」って書きますけどね。

この後ちょっと調べて彼の業績など書こうかと思っていたのですが、思わぬアクシデントの中たどり着けたsugarmountain氏のサイト(http://ameblo.jp/sugarmountain/)を訪れてみて、そんな無謀なことをするのは諦めました。もしアリフ・マーディンに興味を持たれた方は、氏のサイトを是非ご覧ください。

白旗を揚げたところで話を戻すと、音楽を聴き始めてしばらく経つと、誰がプロデューサーだとか、誰が後ろでベースを弾いてるのか、とかが気になりだしてくるんですよね。最初の記事に頂いたコメントに、おすすめの音楽を、と言っていただいたものがありましたが、この「プロデューサーつながり」ってのは結構外れがないですよ(いや、別に突き放したわけじゃなくて、もちろんこれから僕のブログでおすすめ音楽はどんどんご紹介させてもらいますけど)。例えば、ノラ・ジョーンズのアルバムを気に入って、あ、これはこのアリフ何とかって人がプロデューサーなのね、と記憶しておくと、次に例えばCD屋さんでベット・ミドラーだのラウル・ミドンだのを見かけたときに、CDの裏ジャケットにヒントが書いてあるわけなんですよ。

誰にどういう音楽を勧めるかっていうのは結構難しい話なんですが、根底にソウルが流れている音楽、っていうのに惹かれる方であれば、彼の手掛けた作品にほぼ外れはないです。あとから振り返ってみて、僕が入門した「Cupid & Psyche 85」が彼の仕事としては異端だったと判ってしまったとしても。

お勧めその1:100人中90人ぐらいは文句なく聴ける(僕らの年代で、ってことですが)ノラ・ジョーンズの「Come Away With Me」
Come Away With Me.jpg

お勧めその2:100人中85人ぐらいに減ってしまうかも(僕は好きなんですけどね)。ちょっとカントリー風味の「Feels Like Home」
Feels Like Home.jpg

お勧めその3:実は僕もnekoさんに教えてもらったクチです。ラウル・ミドン「State Of Mind」
State Of Mind.jpg

お勧めその4:上記3つとは全然違う音楽です。でもソウルフルって意味では通じるところがあります。スクリティ・ポリティ「Cupid & Psyche 85」
Cupid & Psyche 85.jpg

アフィリエイトとかすれば便利なのかもしれませんが、別にコミッションもらうためにやってるわけじゃないし、それにやり方知らないので・・・
posted by . at 18:46| Comment(14) | TrackBack(1) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

設立趣意書(笑)

不惑を越えたにもかかわらず、いまだに年間数百枚に及ぶCD・レコードを買い続け、一緒に行ってくれる友達も既にいないのに一人でコンサートに通い続けている毎日です(いや、毎日コンサート行ってるってわけじゃないですよ)。

心に残ったライヴやレコードのことを、これまで音楽友達に宛てて手紙に綴ったりメールを出したりしたことはあるのですが、よく考えてみると自分の手元にそうした記録が残っていない。『博士の愛した数式』の博士ではないですが、ある一定の年齢以前に行ったライヴ、愛聴していたレコードのことは、今でもありありと描写できます。

○忘れもしない1982年1月25日、生まれて初めて足を運んだコンサート会場・大阪フェスティバルホールのステージにクラッシュの4人が登場して「London Calling」のイントロの音が出たときに背中を走った電流。

○1985年(阪神優勝!)春の大阪城ホール、客電まで全て点けた状態での最後のアンコール曲「Twist & Shout」を終えたブルース・スプリングスティーンがステージから去って行くのを見送ったときの虚脱感。

○ガーランド・ジェフリーズの今のところ最初で最後の大阪公演は1987年か。九州から追っかけてきた友達と観に行ったな。あのとき初めて聴いた新曲を4年後のアルバムに見つけたときの喜び。

まだまだありますが(そのうちネタに詰まったらこの辺の話でも書こう)、でも、最近聴いた曲・最近行ったライヴのことは? 接している音楽の絶対量が増えたということもあるんでしょうけど、近頃とみに記憶力が落ちてきているんですよね。じゃあ記憶が薄れてしまう前に備忘録としてどこかに書いておこう、どうせならブログにしてみよう、というのがこのブログを立ち上げた趣旨です。

なので、特に沢山の人に読んでもらおうとか、色んな人を楽しませてあげようとかたくらんでいるわけではありません。ただ、好きな音楽を通じて今まで知らなかった方と知り合えるようなことがあれば、それはとても素敵なことでしょうし、それにもしこういう音楽のことを全然知らなかった方が、僕の文章を読んでみて「ちょっと聴いてみようかな」なんて思われたとしたら、それに勝る喜びはありません。

今の自分の生活パターンを鑑みて、とても毎日ブログの更新ができるとは思えません。気の向いたときにゆっくりと、のつもりです。時には音楽以外のことも書くかもしれません。しばらくの間海外に住んでいるので、その辺の事情もちらっと出てくるかも(でもあまり大層な『異国ブログ』は期待しないでくださいね)。

ブログ自体初めてなので、お見苦しい点・読みづらい点(それは貧弱な文才のせい)多々あるでしょうが、よろしくおつきあいください。

DSC00503.JPG
posted by . at 00:00| Comment(22) | TrackBack(2) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする